どんな資格があるのか?

スキルアップを目指す

看護師として働いているからには、誰でもさらに上のスキルアップを目指したいと思うことはあるでしょう。
そうなるとキャリアアップという道を進むことになりますが、キャリアアップと言っても色々な道があります。
看護師という職業は専門性が高まり、色々な分野で活躍する機会も増えました。

キャリアアップというと、主任などを目指すという道、海外へ行って更に知識や技術を身につけるという方法もありますが、その他にも資格を取得して、さらに専門性の高い分野で働くという道もあります。

資格を取得すれば、その資格に関する知識も増え、さらにその分野で働けば技術や経験も積んでいくことも出来ます。
しかし、資格と言っても看護師が取得できるものは沢山ありますので、どの分野で働きたいか考えるべきです。

看護師が取得できる資格

看護師が取得できる資格は現時点で数十種類あります。

看護の分野でも10種類以上あり、精神的なケアに関する資格や、アロマテラピスとやケアマネージャーなどそれ以外の分野での資格もいくつかあります。

キャリアアップの為の資格取得ならこれらのどれかの資格を取得することとなります。

看護師の資格として有名なのが、認定看護師や専門看護師です。
特定の分野で看護するスペシャリストであり、より質の高い看護をする看護師であり、活躍できる場所も沢山あります。

人展看護師や専門看護師として働くなら、その特定分野の何処で働きたいかを決めて、その分野での資格を取得します。

その他にも助産師や特定看護師など様々な資格がありますので、どの資格を取得したいかじっくりと考えると良いでしょう。

キャリアアップでの注意点

キャリアアップを考えるなら、いくつか注意点があります。
まずは、どのような資格をとってキャリアアップしたいか考えるときは自分の人生設計も一緒に考えるべきです。

特に女性だと出産や育児などをする事にもなるので、そのようなときに働き方を変えていかなければならず、それに対応してキャリアアップは出来るのかを考えなければなりません。

もう一つはキャリアアップする為に取得する資格が、学校へ行き再度学ばなければ取得できないような資格があります。

そのようなものは、大学へ行く間は仕事を休むこととなり、働き方を変えることが必要なのはもちろんのこと、収入も減るので金銭面でも大丈夫なのか考えないといけません。

現在の職場では、資格取得のために学校へ行く場合、求職扱いになるのか研修期間として給料が出るのかも事前確認した方が良いです。

このようにキャリアアップを考えるなら、自分の今後の人生で無理なくキャリアアップ出来るのか、時間や金銭面で大丈夫なのかを考えて計画しなければなりません。