勉強時間を確保する方法

仕事と勉強の両立

看護師として働くと何かと忙しいものです。
看護学校時代の勉強だけでは足りないことが多いので、自分で進んで勉強をしなければなりませんが、残業があったり、勉強会や研修会に出席しなければならなかったりと忙しい毎日です。

また、看護師として働きながらキャリアアップを目指して、新たな資格を取得するなら、種類によってはその資格に関する勉強が必要です。

看護師は多くの現場では人手不足なので、そこで働いている人は自分の時間を削って仕事をしている人もいます。

毎日仕事で忙しいと、休みの日になるとぐったりして勉強処ではないかもしれません。
そうなると勉強する時間がなくなります。

時計

しかし、看護師として働いたり、資格取得を目指すなら勉強は必要なので、何かしら時間を作って勉強をすべきでしょう。
そこで重要なのが仕事と勉強を上手く両立させることです。

勉強はしたいけど、その気持ちばかりが前に出てしまってなかなか手に付かないのはよくありませんので、しっかりと勉強する時間を確保すべきです。

勉強時間の確保

忙しい看護師でも仕事の合間には上手く時間を作って勉強をしています。
新人看護師は病院で働けば、日々の業務と覚えることで精一杯になるかもしれませんが、長く働き慣れてくれば時間も作れます。

看護師として勉強する方法は、例として以下のようなものがあります。

・1日に決めた時間だけ勉強する
その日に例えば1時間なら1時間と決めてその時間は集中して勉強します。
こうすると、時間を上手く使えるのと、だらだらと勉強するのを防げます。

・ポイントを決めて勉強する
こちらも上記と似ていますが、どこを勉強するか決めて勉強します。
そこが終わればその日の勉強は終わりです。
ポイントを絞れるので、何を勉強すべきかも明確になります。

・休みの日だけ勉強する
平日は勤務で忙しく疲れているというなら、休みの日に集中して勉強するというのも良いでしょう。
ただし休みと休みの間は時間が開いているので、先週勉強したことを忘れているかもしれませんので、復習も必要でしょう。

その人によって勉強のペースは様々なので、自分にあった方法で自分のペースを保って行うと良いです。

勉強で重要なのは集中して行うということです。
だらだらと何時間も勉強したのに、1ページしか進まなかったというのでは良くありません。

そのためにも、上記で記載したように、勉強する時間を決める、勉強する内容を決めてから行うと集中して取り組めます。
また勉強ばかりでは疲れてしまうこともあるかもしれません。

そのような時には、時間を区切って10分なら10分という感じで休憩を取ってリフレッシュして、頭を休めると良いでしょう。