看護師になるには

資格が必要

看護師はきつい仕事ですが人を助ける仕事であり、とてもやりがいのある仕事です。
多くの看護師は病院で働き、患者を手助けしたりケアしたり看護します。

ただし看護師として働くには、誰でも働けるわけはなく、看護師の資格を取得しないといけません。
資格取得の方法は、まずは看護大学や看護専門学校へ行きます。

そして卒業近くに国家試験を受けて、それに合格すれば看護師の資格が得られます。

学校は3年制の専門学校や短大、4年制の大学があり、何処へ行っても看護師の資格が取得できます。
3年制の学校へ行けば4年制よりも1年早く看護師の資格が得られます。

4年制の大学へ行けば3年制よりも1年間多く、看護について学んだり実習をしたり出来ます。
3年制と4年制のどちらがいいかは、あなたの考え方次第でしょう。

また4年制大学では公立と私立がありますが、公立の方が学費が安いので人気があります。

卒業後の進路

看護師の現状としては不足しています。
このために卒業生の就職率はほぼ100%であり、就職先に困ることはありません。

多くの看護師は病院へ行きますが、それ以外の働き先もあります。
有名なところでは保育園や幼稚園での保健室で勤務する場合です。
看護師の知識があれば働くことが出来ます。

介護施設や福祉施設で働くこともでき、高齢者を相手に看護していきます。
特にこの分野は人手不足なので、看護師は一人でも多く必要とされています。

産業医として会社で働く看護師もおり、会社にある保健室などで働きます。
そして会社の人の健康を診たりするのが仕事となります。

多くの方は卒業後に病院で働きますが、病院をしっかりと選ばないと勤務してもすぐに転職することとなり大変です。

看護師の将来

現在日本は高齢化しており、今後もさらに高齢化すると予想されています。
そのために、介護を必要とする人もさらに増えると見込まれており、介護士の需要も益々高まるでしょう。

そして今後は病院だけでの介護ではなく、在宅や介護施設での介護も重要となります。
看護師が活躍できる場所は広まっていくでしょう。

医療は日々進歩しているので、医療の専門化と細分化が進んでいます。
そのために看護師の担う役目も増えて、細分化し高度化するでしょう。

医師が担当していたような業務も看護師が担当します。
看護分野の細分化も進んでおり、認定看護師や専門看護師などという職業が出来、細かく担当する分野が分れます。
そして、看護師というと女性の仕事と思われていますが、徐々に男性の看護師も誕生しています。

介護は力のいる仕事なので男性向きです。
現在は女性の方が多い介護の職場がほとんどですが、これからも徐々に男性看護師は増えていくでしょう。