看護師と准看護師の違い

資格取得までの道のり

看護師というと正看護師と准看護師という2つの看護師の資格があります。
これは正式な名称ではなく。准看護師と区別するために正看護師という言葉があります。
どちらも介護現場で介護をしますが、資格取得までの道のりが違います。

まず正看護師は、看護学校へ通い、その後国家試験に合格しなければ資格が得られません。
それに対し准看護師は、准看護師養成学校または高校の衛生看護科を卒業し、各都道府県が実施する試験に合格すれば資格が得られます。

准看護師の方が早く看護の仕事が出来ます。
このようになっており、どちらも看護という同じ業務を行いますが、その資格を取得するまでの期間が違います。

正看護師は自ら進んで介護の業務を行えますが、准看護師は医師や看護師の指示を受けないと業務は行えません。
実際の現場では、同じ業務を行いますが、待遇に違いがあります。

准看護師の方が給料が安く昇級が遅いのが現状です。
現場でも准看護師は見下される傾向があり、正看護師ばかりの職場に行くと辛い思いをすることも多いです。

そのために准看護師なら准看護師の割合の多い職場に行くと良いです。

准看護師を廃止しろと言う声もありますが、准看護師は安く雇うことが出来るので、個人病院などでは広く採用されており、准看護師ならば働き先は見つけやすいです。

それぞれのメリット

准看護師として働くなら、広く募集しているので、全国何処でもすぐに働くことが出来ます。
パートなどの形態で働く方が多いので、週3日だけ、午前中だけという働き方も可能です。

ただし、そのような働き方をするとフルタイムで働くわけではないので、給与は安いです。
准看護師から正看護師になることもでき、通常正看護師になるためには3年の専門学校や4年制の大学を卒業しなければなりませんが、准看護師であれば2年間学校へ通うだけで資格が取得出来ます。

早く看護の現場で働くことも出来るので、少しでも早く社会で役に立ちたいと言う人におすすめです。

正看護師は、准看護師よりも給与が高く昇級も早いです。
看護師として生活するなら正看護師になるべきでしょう。

また様々な現場で働くことも出来、新しい資格を取得する事も出来ます。
正看護師の職場は病院から、在宅看護や介護施設、さらにはオペ質やがん専門病院などで働けます。

認定看護師や専門介護士の資格を取得すれば、その希望する分野で働くことも可能であり、正看護師はキャリアアップしやすいです。
キャリアアップで給与も上がることも多いです。

正看護師も准看護師もどちらも介護をする仕事ですが、将来的にキャリアアップを目指し、専門的な仕事をしたいなら、やはり正看護師を目指すべきです。